ダイレクトメールの開封率をアップさせるために

ダイレクトメールは、送るだけでは意味がありません。もらったお客様に少しでも興味を持ってもらって、開封してもらう事が大切です。ですが、開封率を少しでもアップさせるためには、どのような工夫が大切なのでしょうか。一番大切なのは、中身に何かを入れて、まずは取り敢えず開封してもらうという事です。その為には、無地の封筒に何かが入っているという事を明記するよりも、一目見て解るように透明の袋を使用するなどといった工夫が必要です。また、開ける際に苦労をしてしまっては、面倒になって捨てられる可能性がアップしてしまいます。ですので、開けやすい切り取り線を入れるなどをして、相手の立場になってダイレクトメールを作るようにしましょう。その為には、色んな形を試してみることが大切です。最初の内は思う様にいかないのは当然です。苦労する事も沢山ありますが、めげずに頑張りましょう。

ダイレクトメールの開封率を上げる方法

ダイレクトメールは、まずお客様に興味を持ってもらい、中身を空けてもらう事が大切です。そこで重要になってくるのが、開封率を上げるために視覚効果を活かすという事です。封筒に何も興味をそそられるような言葉が無い場合には、貰ってもすぐにゴミ箱行きになってしまいます。ですので、少しでも中身を空けてもらう事が出来るように、興味を持ってもらえる一文を考えてみましょう。また、色合いもシンプルなものよりも、少し派手目にしたほうが興味を持って何が書いてあるんだろうと思ってもらえます。ですので、ダイレクトメールを作るのであれば、出来る限りシンプルなものでは無く、興味を持ってもらえるように派手目なデザインを考えてみましょう。ダイレクトメールは、何よりもお客様に興味を持ってもらえなくては意味がありません。その事を第一に考えて作るようにしましょう。

少しでも興味を持ってもらうダイレクトメールとは

ダイレクトメールを作るのであれば、相手に興味をもってもらい、開封してもらう事が大切です。そこで大切なのが、封筒の作り方です。普通の封筒に切手を貼って送るだけですと、相手に何の興味を持ってもらう事無く、そのままゴミ箱に捨てられてしまう可能性があります。ですので、ダイレクトメールを作るのであれば、ちょっと切手などにも工夫をしてみましょう。一般的に封筒に貼る切っては90円切手であったり82円切手を1枚だけ貼るというケースが殆どです。ですが、その切手を2枚に分けて、記念切手などちょっと珍しいものを貼ってみましょう。たったこれだけではありますが、相手の視覚効果を刺激して、これは何だろうと興味を持ってもらえる封筒を作る事が出来ます。記念切手を貼って何を送ってくれたんだろうと相手を思わせることが出来ましたら、確実に開封してもらう事が出来ますよ。

デザイン作成や各種印刷なども格安で承っております。 同窓会のご案内などの発送もお任せ下さい。 お客様のご要望にマッチした発送方法をご提案。 知識と手間が必要な広告郵便申請も当社にて行います。 新宿三丁目駅より徒歩5分に位置しております。 業種やターゲットに応じたDM制作をハイクオリティー・低コストでご提供! 業界No.1の安さとサービスでお客様のビジネスを強力にサポート! ダイレクトメールの印刷から発送までをワンストップはジャパンメール